Loading...

Dec 6, 2017

日光への外国人旅行のヒント

自然を愛する旅行者の方は、日光に行ってみませんか?


東京の北、栃木県にある日光は、日本で最も美しい場所のひとつで、山の景色、滝、温泉で有名です。


外国人にとっては、外国人向けに様々な鉄道パスを提供しています。私は、日興を取り巻く最も実用的で安価な方法だと思います。


あなたが滞在中の日数や訪問したい場所に応じて、購入できる日光のパスを以下に示します。


1.ニッコー市エリアパス

あなたが2,3日間そこにとどまることを計画しているなら、これは買うべき推薦されたパスです。浅草から下北町駅までの往復乗車券、中央日光と日光から鬼怒川温泉への列車の無制限バス乗車券が含まれています。

費用:大人2670円、子供1340円



無料バスと電車のルートの地図

伝説:

オレンジ:自由列車のセクションライド

無制限バス乗車のグリーンセクション


このレールパスを購入するときに訪れる場所は次のとおりです。

1.ニッコー山林林寺

2.Nikko Toshugu Shrine

3.Nikko Futarasan

4.Nikkozan Rinnoji Taiyuin

5.ニッコーふたたび神社、新京


注:神社と寺院の入場料はこのパスに含まれていません。


2.ニッコーオールエリアパス

日光に長期滞在したい場合は、このパスをお勧めします。有効期間は連続4日間です。浅草から下北町駅に向かう往復乗車券1本、日光・鬼怒川温泉からは無制限の列車、日光とオクニッコのバス乗り場があります。

費用:大人4520円、子供2070円



無料バスと電車のルートの地図

それは長い滞在のためであることを考えると、あなたは日光市のパス上の上記の場所と日光の周りのいくつかの場所に行くことができます。

1.すべての上記の神社

2.中禅寺湖温泉

ケゴンの滝

4.手づくり中禅寺湖、歩道

5.十三地蔵温泉


3.テーマパークと日光市エリアパス

このパスの有効期間は2日ですが、最初の2回のパスとは異なり、テーマパーク、東武ワールドスクエア、江戸ワンダーランド日光江戸村の入場料が含まれています。

また、浅草から下北町駅までの往復乗車券1枚、日光の周りの無制限の電車やバス乗り場も含まれています。

費用:大人8010円、子供4010円



無料バスと電車のルートの地図


2つのテーマパークのいずれかを選択することもできます:

東武ワールドスクエア、日光シティエリアパス:大人4710円、子供2360円

江戸ワンダーランド、日光シティエリアパス:大人6610円、子供3310円


このレールパスを購入した際に日光で訪れることのできる場所は次のとおりです。

1.上記のすべての神社

2.トーブワールドスクエア

3.不思議の国へ


あなたが日光に行くことを計画しているなら、あなたが選ぶことができるパスです。


今秋、友達と日光に行きました。木々の色が最高!私のスナップショットのいくつかを共有させてください。



新京橋はとても美しいです!入場料は300円です。



当時、東照宮は本当に混雑していました。入場料は1300円です。


日光への旅を楽しみ、このブログが役立つことを願っていますように!


By Jeca
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com