Loading...

Sep 20, 2017

日本はN韓国の日本人拉致事件に対するトランプの叱責を歓迎する

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米国防総省の高官は、米国のドナルド・トランプ大統領が、国連総会に提出した1970年代と1980年代の北朝鮮の日本人拉致に対する批判を歓迎した。


拉致問題について米国の「深い理解」を表明しており、西村康人副首相は、ニューヨークで開かれた世界首脳会議の周りに記者団に対し、安倍晋三首相の最優先課題だと述べた。


西村氏は、「(問題について)理解が米国や他の国々に伝わったということだ」と述べた。 「この演説でこの問題を引用したトランプ大統領から理解を得た」


日本は、引き続き拉致問題の解決に向けて最善を尽くすとともに、北朝鮮の核兵器開発と弾道ミサイルの開発にも取り組むと述べた。


トランプ氏は、北京の人権記録を、総統での最初の一般的な議論の中で言い渡した。これには、帰国途中に日本海沿岸で新潟県から奪取された拉致被害者の1人である横田めぐみ1977年に学校から。




(イメージ提供)


大統領は、「13歳の甘い女の子を、自宅のビーチから誘拐して、北朝鮮のスパイのための語学教師として奴隷にしていることを知っている。


先週のワシントンでの会議で、米国国家安全保障理事会のアジア担当シニアディレクター、マット・ポッティンガーは、メグミの兄弟である横田拓哉に、メグミの場合を含めて拉致問題に精通していると語った会談中に大統領に説明した。


ポッティンガー氏は、ヨコタ・ポッティンガー会議に出席した拉致問題担当元大臣である山谷江里子氏によると、北朝鮮の人権侵害を勉強するように指示していたと述べた。


ポッティンガー氏は、山田氏によると、トランプ政権は、北朝鮮がテロ支援国家となる可能性を議論する際に拉致問題を考慮したいと言っていると述べた。


日本は正式に17人の市民を拉致被害者とリストアップし、さらに多くの失踪事件での北朝鮮の関与を疑う。 17人のうち5人が2002年に送還された一方で、北朝鮮は横田めぐみを含む8人が死亡し、残りの4人は入国していないと主張している。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com