Loading...

Oct 26, 2017

オリンピック:東京は2020年の大会の儀式で無炭素になる



国際オリンピック委員会(IOC)は、2020年の夏季オリンピックおよびパラリンピックの開会式および閉会式の4日間に、東京は無炭素化に向けて努力すると発表した。


IOCのウェブサイトによると、東京都の地球温暖化に関する国際会議の後、小池百合子総理は、「持続可能な都市になるための努力と次世代のための永続的なオリンピック遺産の創造」の重要性を強調した。


東京では、大都市圏の大企業向けの排出権取引プロジェクトを考慮し、目的達成のために寄付を求める予定です。


日本の首都は、4日間に合計72万トンの二酸化炭素を排出すると推定されている。オリンピックは7月24日から8月に予定されています。 9月、パラリンピックは8月25日〜9月に行われた。 6。


会合では、それぞれ2024年と2028年のゲームを主催するパリとロサンゼルスの市長が、「持続可能性、包括性、イノベーション」の分野で協力することに合意した。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿