Loading...

Nov 6, 2017

警察は、日本の連続殺人事件で最初の身体を識別する

警察は、日本の連続殺人事件で最初の身体を識別する photo


警視庁は、東京近くのアパートで発見された9人の解体された遺体の1つを確認し、先週逮捕された男に対する殺人罪で新鮮な逮捕状を提出する予定だと発表した。


東京郊外の八王子市の田村愛子さん(23)が、DNA解析で初めて確認された犠牲者だという。先月、逮捕された白石高弘容疑者(27)は、身元不明の身体を投棄した疑いで逮捕された。


警察によると、彼女の歯ブラシから採取されたDNAサンプルとザマのアパートの冷却ボックスから回収されたボディが一致した。


警察は、日本の連続殺人事件で最初の身体を識別する photo


調査によると、残りの8人は男性で、7人の女性 - 20代のカップル、高校女子3人、大学生1人、女性2人。彼らは東京と福島の北東部から来ており、Twitterの自殺思考を表明している人もいます。


田村容疑者は23日、八王子市と神奈川県の鉄道駅で白石と歩いている警備カメラで最後に見られた。警察はまた、ザマのアパートで犠牲者と思われる鞄を見つけた。


白石容疑者のアパートで収集された証拠の中には、犠牲者に所属しているかもしれない銀行カードなど、様々なカードがある、と捜査官は述べている。彼らはまた、8人を特定するために行方不明者のデータベースに行きます。


白石容疑者は、警察が一時的に冷蔵庫に身体を保管していたと述べ、「一日で体をつぶすことができなかった第一、第二の被害者の場合」と述べた。警察は、冷蔵庫に痕跡が残っていることを発見した。


容疑者は8月22日に移動してから8月下旬にアパートで最初の被害者を殺害したと告白した。警察は白石容疑者が殺人のためだけに部屋を借りたと疑う。


警察は、日本の連続殺人事件で最初の身体を識別する photo


容疑者が捜査官に「簡単な命を欲しかった」と語ったところで、警察は殺人事件の一部が金銭によると疑われている。


警察はまた、彼の部屋で鋸、ナイフ、はさみ、ゴーグルを発見した。鋸のための交換用の刃も見つかっており、それらを繰り返し使用して体を切断することが疑われている。



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com