Loading...

May 12, 2018

チロル「パンヤ」シリーズ

Tirolは日本では安価な小さな正方形のチョコレートで、季節ごとにさまざまなデザインが個別に包装されています。同社では、通常のチョコレートビスケットやイチゴの香料に加えて、さまざまな味やかな子餅や緑茶味のチョコレートのような和菓子味を含む小さな袋を販売することがよくあります。



私はこの独特の味が7つのチョコレートの袋にセットされているのを見て、それを試さなければならなかった。それはクロワッサン、カレーパン、クリームパンの3種類のカシパンフレーバーを含んでいます。小さな袋を開けると、私は実際に大量生産されたタイプのように焼きたてではありませんが、甘いパンのにおいを実際に嗅ぐことができました。



私は、これは私がいつも授業中にお菓子を共有する私の学生のカップルを試してみると楽しいと思った。

私たちはそれぞれ一つを試み、反応を分かち合いました。私はクロワッサンのフレーバーを試してみましたが、私の主な印象は強いバター(またはマーガリン)の風味があることでした。それはまた私が期待していなかったそれにcrispinessを持っていた。

次に、私の生徒はクリームパンを試してみました。それは気に入ったようでした。それはカスタードクリームパンのようなものでした。

他の生徒はカレーパンの味を試してみて、それについて笑って彼女が何を考えているか教えてもらえませんでした。最後に、彼女は味が甘く、スパイシーで、混乱していると言った。ちょっと甘かったです。




後で家でカレーパンの味を試飲した後、私の学生はなぜ味が混乱していると言えるか理解できた。カレードーナツの外側に似ていますが、少し鮮明です。それは奇妙な味わいを維持しながら、かなり甘いです。確かに甘くてスパイシーなキャンディーでも普通に得られる風味の組み合わせではありません。




私はこれらのチョコレートと呼んでいませんが、確かに面白いお菓子です。私の紅茶のカップではなく、共有して試してみるのは面白いです。日本に住んでいるうちに、このような奇妙な味を試してみる機会がたくさんあり、お土産を楽しめるかもしれないと思います。このパックは、現地のMax Value(AEONグループ)のスーパーマーケットで100円未満でした。

By helloalissa
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com