Loading...

Jun 16, 2018

エア・ビンは、日本における家賃のサービスをより簡単にすることを望んでいる

エア・ビンは、日本における家賃のサービスをより簡単にすることを望んでいる photo


エアバンブの共同設立者は、民間住宅の短期賃貸を規制する法律の施行直前に、政府と協力してルールをより簡単にすることを希望していると、木曜日に発表した。


Nathan Blecharczyk氏は、「この数年間、私たちのホストは灰色の領域で作業しなければならず、今や明確なルールがあります。共同通信社とのインタビューで語った。


Airbnbは以前に地方自治体に登録されていない民間宿泊施設を挙げていた。しかし法律の施行に先立って、エアブンは、法律が施行された金曜日から未登録の家に滞在する予定のゲストの予約を取り消さなければならなかった。


同社は被災者に報酬を支払ったと述べた。エアバンブ氏によると、取消料を処理するための総費用は11億円(1000万ドル)であった。


エア・ビンは、日本における家賃のサービスをより簡単にすることを望んでいる photo


「私たちはすべてのルールを守っていることを確認しました。政府と家庭のレンタルサービスプロバイダーの間で継続的な対話が行われることを願っており、最も単純なルールが存在することを確認しています政府が達成したいことに対して効果的なものでなければならない」と述べた。


日本の不動産所有者に、地方自治体に登録して空き家や観光客の部屋を貸し出し、年間レンタルを180日に制限することを要求する厳しいルールは、住宅所有者が市場に参入することを躊躇する懸念を巻き起こした。


しかし、Blecharczykはその懸念を軽視していたようだ。


「長期的には、何万人ものホストが登録されることを期待している」


この法律は、2020年の東京オリンピックおよびパラリンピックの前に、外国人観光客の急増と宿泊施設の不足に対処するためのものです。


日本では個人住宅の宿泊施設が認められていますが、ホテルビジネス法では免許が必要でした。新しい法律では、ゲストの登録を維持し、衛生的な条件を維持し、近隣諸国からの苦情に迅速に対応する必要があります。


Blecharczyk氏は、日本市場はオリンピックに先駆けて「巨大な可能性」を持っており、アジア太平洋地域では日本がトップの国であることを示すエアブン調査を引用している。


同氏は、日本への外国人訪問者の17%がすでにエアブンブで宿泊施設を予約しており、東京は夏季オリンピックを開催する2020年までに年間4000万人の外国人観光客を増やす目標を設定していると述べた。 2017。


「2020年にはエアブンブが大きな役割を果たすことができる」とBlecharczyk氏は、同社は2016年のオリンピックの公式宿泊施設パートナーであり、85,000人の訪問者がAirbnbの家に宿泊したと述べた。


Airbnbはまた、航空会社、証券会社、金融会社など様々な業界の36社の日本企業と提携し、ホストとゲストの両方のサービスを強化すると発表した。また、今年は、東京、大阪、京都で、同社が検査・確認した住宅を提供するサービスのアップグレード版であるAirbnb Plusを紹介する予定。


パートナーの中では、ツタヤの映画レンタルと書店チェーンの運営者であるカルチャーコンビニエンスクラブ社が、今年はエアブンブのユーザー向けにポイント報酬プログラムを開始する予定です。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com