Loading...

Sep 29, 2017

ローラーコースターの故障により、大阪のUSJで30人が孤立した



大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで人気のジェットコースターが金曜日に休止し、30人の乗客が30分ほど放置されて安全に救出された。


西日本の映画テーマパークによると、ジュラシックパークの影響を受けたフライング恐竜のジェットコースターで怪我を負った者はいなかった。


午後2時10分ごろ、システムエラーアラームが発生したため、ローラーコースターは緊急停止した。 USJの関係者によると、孤立した人々を救出するのに約30分かかった。


保守点検の後に乗客が倒れやすい位置にキャリッジに固定されている「フライング・ローラ・コースター」の動作が再開されました。


USJを代表する広報担当官は、緊急停止は安全システムの誘発の結果であると説明した。


公式によると、ジェットコースターは、潜在的に危険な問題が検出されたときには、乗車を停止する必要があるため、週に1〜2回は定期的に緊急停止を行う。


公園のウェブサイトによると、フライング恐竜は飛んでいる爬虫類のタロンによって奪い取られたかのように、ライダーたちを空中で吹き飛ばしている。乗り物の全長は1,124メートルです。




©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com