Loading...

Mar 25, 2018

宮殿の敷地は、桜の季節のために再び公開されます

土曜日に東京の皇居敷地内にある一般制限区域が開館し、2016年以来初めて開花した桜の散策が可能になった。


約3,700人が坂下ゲートから井井ゲートまで走る750メートルの井上通りを歩き回った。このセクションは、4月1日午前10時から午後3時30分まで、来場者に開放されています。



桜や紅葉の季節には、一般に通りへの一般市民のアクセスは年に2回しか許可されません。しかし、それは2016年春から2017年にかけて閉鎖されており、木の作業を可能にしています。


宮殿は、2016年春の桜の季節に10日間にわたって50万人が訪れました。




@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com