Loading...

Sep 28, 2017

医師が診察を受けずに手術を受ける罰金

大阪府の裁判所で、刺青が医学的練習であるとの判決を受け、医師の認定なしに手術を受けた墨田師が有罪判決を受けた。



益田正樹(29)は、無免許の医療行為を行っていると見なされたため、15万円(1300ドル)の罰金を科すよう命令された。弁護士は直ちに上級裁判所に上訴した。


この試験は、皮膚に色素を注射するために針を使用する刺青法が医療行為を構成するかどうかを決定した。医療従事者の法律は、医療行為を構成するものを明確に定義していない。


大阪府地方裁判所長瀬隆明裁判長は、裁判官には「病気やアレルギーの原因となる可能性がある」との声明を発表し、医師は医学的知見やリスクを理解し、状況を適切に判断し対応する必要があると述べた。



刺青師として働くことは職業を選ぶ自由の問題であり、健康リスクは刺青師の医学証明書を要求するほどには大きくないと主張した。


裁判所は、被告の訴訟により物理的な損害が報告されていないため、検察官が要求した30万円から罰金を減額した。


判決によると、梅田氏は、大阪府吹田市のスタジオで、2014年7月から2015年3月までに、益田さんが3人の女性の腕などの身体部分に描いた入れ墨が関係していた。


刺青師は、懲役後に記者団に対し、刺青師が職業として認識されなかったため、決定を受け入れることができないと語った。 「私は人生を回復するために高等裁判所で戦うつもりだ」と述べた。


この問題は、2015年8月に刺青師が略式起訴と呼ばれる簡素化された刑事訴訟の下で30万円の罰金を支払うことを拒否した後に審理にかけられた。




©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com