Loading...

Nov 30, 2017

春日本は安全規制違反で10人のパイロットを中断



【上海(中国)26日ロイター】スプリング・エア・ジャパン(本社:東京都吹田市、代表取締役社長:春川隆)は、10月までの6ヶ月間に安全規制違反で10人のパイロットを一時停止した。


航空会社は再訓練のために4人のキャプテンと6個のコパイロットを送った。この図は、パイロットの総数のおよそ20%を占めています。そのうち、7つは今まで飛行を再開している。


ある会社の広報担当者によると、日常業務には何の影響もなかった。日本の交通部は、同様の問題を防ぐため、予算航空会社に行動を要請した。


墜落事故を引き起こした安全違反の中で、5月に飛行機の翼フラップが間違っていたにもかかわらず、日本南西部の佐賀空港で飛行しようとした事件が東京近くの成田行きに上った。


10月には、成田から北日本の札幌に向かう飛行機が、船長が飛行計画に示された巡航高度が間違っていることに気付かずに離陸した後に離陸した。会社の運航部門は飛行計画を立てますが、各船長は飛行前に内容を確認する義務があります。


"これからの安全運転に向けて努力していくつもりだ」と広報担当者は語った。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿