Loading...

Feb 23, 2018

日本のレトロな自動車メーカーが完全に再構成されたMitsuoka Roadsterコンバーチブルを発表



レトロスタイルの自動車メーカーミツオカ・モーターは、クラシックカー愛好家をターゲットにした二人乗りのヒミコ・コンバーチブルを完全にリシルしたと発表した。


ミツオカロードスターとして海外で知られているこの新バージョンは、マツダMX-5にいつもどおり搭載されていますが、古典的なヘッドライトに誇張されたツートーンフェンダーを組み合わせた、以前よりも長くて重いです。


1500ccエンジンを搭載した新型ヒミコは約500万円(46500ドル)で販売される。


Himikoコンバーチブルは2008年に最初に発売され、最初のバージョンは271台を販売し、そのうちの約40%が輸出された。


Mitsuokaは現在、東南アジア、中東、英国に製品を輸出しています。同社は、特に古典的な大型車市場を持つ国々では、日本国外への展開を検討しています。


「環境にやさしい車への関心がますます高まっていますが、私の会社は生き生きとした形で死ぬでしょう」と、現在のトレンドにかかわらず、ユニークで古い車の生産に専念しているMitsuoka Mitsuoka社長は述べています。


1968年に創立された光岡は、都内の富山市で全車を手作りしています。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com