Loading...

Dec 14, 2017

息子が救急車で最初に乗る

数日前、私は日本で3度目の救急車に乗った。私の息子と出会っている間、私の血圧が急に下がり、心拍数が急上昇しました。私は激しい何もしていない、ちょうど座って私の爪を完了していた。通常は、それをするのに約1時間かかります。だから、私は2〜2歳の年齢の人たちが物事をうまく楽しませるように、軽食や物事を用意しました。少しびっくりしました。ちょっと戻ってきました。数分後、私は大丈夫で、病院に行くべきかどうか話し合いました。それから再び起こって、私は本当に気にして病院に行くように頼んだ。私の息子は興奮しました。彼は点滅する光で救急車に乗るようになり、女性パラメディックは英語で彼と話をしようとしました。私たちは、その朝、店で買った軽食の袋を持っていて、彼女と一緒にそれを通り始めました。彼が早く選んだ大きな赤いリンゴを見つけたとき、彼はどんな小さな子供もやってみたいと思っていました。私は小さな子供がいないと思う。女性がそれについて笑い始めたので、明らかに日本の子供ではありません。他の救急車は見渡して、私の野生の子供がショックを受けました。彼らは彼の強い歯にコメントし、彼がリンゴ全体を食べることについて大騒ぎを続けた。一人は、最初に果物を剥がすのは日本人かもしれないということを思い出しました。私たちが病院に到着すると、私を病院のスタッフに切り替えた後、会話の最大の部分は、私の息子と彼の強い小さな歯の周りに再び集中していました。救急医療隊員がドアを出て行くと、彼の分裂する言葉が「アメリカ人がリンゴを食べる方法」を説明していました。



By edthethe
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com