Loading...

Dec 21, 2017

日本の灯台では、星空の夜を保存するためにサーチライトとレーザーを禁止

日本の灯台では、星空の夜を保存するためにサーチライトとレーザーを禁止 photo


観光客に星空を宣伝している西日本県は、景観を保存して次世代に渡す条例を制定した。


鳥取県によると、サーチライトとレーザービームの使用を原則禁止する新規則は、日本の県が最初に星空を保つために初めて設定したものだという。


木曜日に条例が制定され、来年4月に施行される予定です。


日本海沿岸の沖縄県は、鳥取県のどこから見ても天の川が見え、流星が流れていなくても星座が見えるという、観光客を誘致する「キャッチ・ザ・スター」キャンペーンを開始した。


鳥取県議会で過半数の議決を経て採択された条例は、特定の目的に向けられていない屋外での投光の禁止を規定している。しかし、このようなライトを防災などの目的で使用することは可能です。


特に美しい星の景観を提供する区域は、条例の下では「星空保全区域」と指定されており、そこに照明器具を設置し使用するためのより厳しい規則が設定されている。


繰り返される違反者は最高5万円(440ドル)の罰金に服します。


鳥取県知事の平井慎二氏は記者団に対し、「会場の人々が星空の価値を認識し、それを保存することに同意したことは素晴らしかった。


岡山県の井原市と群馬県の高山村では、夜景を保存するための同様の条例が採択されています。


鳥取県によると、佐賀県と岡山県が包括的に環境を保全するための条例には、投光照射を制限する条項があるという。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com