Loading...

Jan 19, 2018

仙台のグレートティーショップ

市の外で緑茶のスポットが大好きな人は誰ですか?日本の主要都市でその特別飲み物を提供する場所の数は、利用可能なお茶の数とほぼ同じくらいです。コンビニエンスストアのクイックマッチャ飲料からカルチャーセンターでの正式な茶道まで、オプションは無限に見えます。それは自宅でお茶を作る場所を考える前です。それで、仙台の旅行者は緑のものと葉っぱのいいカップを後で楽しむためにどこに行くべきですか?フォーラスデパートの近くで、池田おちゃんとお会いしましょう。

仙台のヴァンドームショッピングアーケードにある複数階建ての建物の間には、このエリアの緑茶を見つける最高の場所の1つである池田お茶の水があります。店の正面入り口には、特別な販売をしている紅茶や、好きな暖かい冬の飲み物のために新鮮な船が必要な人たちのための新しい紅茶が並んでいます。入り口の左側に小さな店の窓があり、優雅な店員の一人が、驚くほど多くの緑茶にデザートを入れたものを作るよう努力しています。カップやコーンの小さなソフトサンドクリームの渦巻き上に餅豆のカードスナックを含む交互の層の華やかなパフェに。

運が良ければ、新しい茶ブレンドのサンプルを小さなセラミックカップで楽しむためにサンプルを引き渡している間に、店につまずくかもしれません。寒い日にあなたを温かくするだけのこと。

中に入ると、店の左側には、あなたの近所のスーパーマーケットで戦うかもしれないより親しみのついたお気に入りに加えて、驚くべき茶の選択に新しい季節の追加が備わっています。右の壁には緑茶によく合ういくつかの軽食があります。シンプルなセビーや伝統的なお菓子もあれば、新鮮なシェイプやフレーバーでジャズアップされたものもあります。岩手かまめのたまごのお気に入りの海辺のお土産のお菓子を見つけました(実際には白いチョコレートで覆われた豆ペースト入りのケーキの玉座)。仙台は、ズンダのセンターを利用していました。

ショップの左側にあるスナックの店の向こう側には、正面窓からデザートの購入を楽しむために通りから出ることを好む小さな座席スペースが開いています。ここや店の他のいくつかの場所では、紅茶ディスペンサーで無料のサンプルを紙コップで提供しています。

素敵な紅茶のまわりを素早く見回したり、試飲したりしているだけでも、その場所はすぐに訪れる価値があります。



この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の体験に取り組むチャンスです。

By JTsuzuki
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com