Loading...

Oct 4, 2017

Tepco原子炉は福島後初めて初めて安全評価をクリア

Tepco原子炉は福島後初めて初めて安全評価をクリア photo


福島原子力発電所の運転手が運航する日本海沿岸の新潟県原子力発電所2基が水曜日に政府の安全基準をクリアし、


原子力規制当局は、東京電力ホールディングスの柏崎刈羽発電所の原子炉6号機と7号機が、福島災害後に導入された新たな厳しい安全基準を満たしていることを証明する文書。


2基の原子炉は、柏崎刈羽発電所の7基のうち最新のものである。コンプレックスは、世界最大の原子力発電所の一つであり、総出力は820万キロワットです。


新原子力発電所は、原子力発電所の効果的な承認にもかかわらず、2年間の原子炉の再開は少なくとも数年はかかるだろうと、新潟知事は語った。操作の再開。


Tepcoが運営者であることを確認するために経済貿易省長官と意見交換し、相談した後、原子力監視所による再開の正式な承認が期待される。


安倍晋三首相は、2011年3月の福島第一原子力発電所でチェルボビルが発覚して以来、世界で最悪の原子力災害に苦しんでいるにもかかわらず、原子力発電の維持に熱心である。大規模な地震と津波によって。


Tepcoは、福島の危機に起因する莫大な報酬支払いやその他の費用に直面して、アイドル状態の原子炉の運転を再開することが切望されているため、非原子力火力発電のための高価な化石燃料輸入への支出を削減することができる。


2013年9月に柏崎刈羽発電所の2基の空調機の安全評価を申請した。


技術的な要件を評価することに加えて、Tepcoが原子力発電所を再稼動する資格を有しているかどうかに焦点を当てています。これは、福島第一複合体のスクラップ作業放射線レベルが高いままである不自由な植物。


2基の原子炉は沸騰水型原子炉であり、福島の危機でメルトダウンを経験したものと同じです。そのような種類は、以前は福島災害後に安全性を高めるために大規模な改装を行う必要があるため、日本の安全基準をクリアしていませんでした。


新たな安全要件の下で、BWRにはろ過された通気システムが装備されていなければならず、格納容器の損傷を防ぐためにガスと蒸気を放出する必要がある場合には放射性物質が減少する。


PWRがBWRよりも大きな容器に収容されているため、容器内の圧力が上昇するまでの時間が長くなるため、換気設備は加圧水型原子炉の即時要件ではありません。


レビューでは、規制当局は、ユニットの安全を確保するための姿勢についてTepcoに疑問を呈していた。同社は先月、規制当局から、法的拘束力のある原子炉安全プログラムの一環として安全性の約束を要求することで合意した。


原子炉について作成された安全プログラムは、規制当局によって承認される必要があり、深刻な違反が見つかった場合、原子力発電所の運転を原子力発電の運転を停止するよう要求することができる。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com