Loading...

Oct 24, 2017

1960年代後半の日本における社会運動の回顧展

1960年代後半の日本における社会運動の回顧展 photo


1960年代後半は戦後日本の政治的・社会的枠組みに疑問を呈した反戦抗議、市民運動、全米学生運動の時代であった。


1968年を中心に、東京近くの博物館で行われている展覧会では、ベトナム戦争抗議や成田空港建設への抵抗など、さまざまな社会運動によって発生した約500の文書を展示している。水俣病の被害者たちによる正義のための闘争へ。


1960年代後半の日本における社会運動の回顧展 photo


千葉県桜市の国立歴史博物館の「1968年:無数の質問で満ちた時間」では、1960年代後半の大学生が教育環境の改善に苦労して、日米安保条約、米国の沖縄支配などが挙げられる。


古民主主義運動が世界的に発展した1968年頃、注目を集めようとしている」と語った。古島博史理事長は、フランスでの学生抗議や一般的なストライキ5月のイベント、そしてプラハ春とそれに続くワルシャワ条約軍の軍事介入によってそれを鎮圧した。


「50年前を振り返り、当時の意味を考える時が来ている」と、古島氏は語った。


この展覧会は、日本の略語「ベヘイレン(Beheiren)」で知られる日本の「平和のための平和のための委員会」委員会によって発行されたフライヤーとジャーナルで、反戦運動の紹介から始まります。


立教大学協同市民社会研究センターが提供したこれらの文書には、1965年11月16日にニューヨークタイムズ紙が運営する「爆弾でベトナムに平和をもたらすことができるか?グループの偽造されたパスポートは、米国の脱走者を救うために作られたものです。


展覧会を主宰している博物館の荒川庄司教授は、「国際社会が主に国家によって支配されていた時期に、ベヘイレンが草の根レベルで国境を越えたキャンペーンを推進したことは重要だ」と述べた。


1965年に発足した若手作家の小田誠氏は「普通の市民だから、職場の労働者、教師、大工職人、母親、ジャーナリスト、フロリスト、作家、このパンフレットは私たちの間にあります。そして、私たちが言いたいのは、「ベトナムの平和」だけです。


小田氏は、1974年3月に発行された最後のジャーナルで、「私たちは小規模な人々が小規模な電力を集めてキャンペーンを推進してきました。


1960年代後半の日本における社会運動の回顧展 photo


この展覧会はまた、戦後の日本の急速な経済成長に巻き込まれた普通の人々が、日々の生活の尊厳を守るために戦った方法を光栄にしています。


東京の東に位置し、博物館の近くにある農村村の三里塚では、農家たちは、同意なしに開始された新しい国際空港成田(ナリタ)の建設に長期間抗議した。他の地域では、日本南西部の水俣市の静かな沿岸都市で、漁民とその家族が産業廃棄物から水銀中毒にさらされた。


活動家の動きに関係する人々の間で交換された写真や手紙を含む展示品は、利益を追求する際に社会に課せられる緊張と公益を示している。


新空港の敷地付近に1970年に配備されたと考えられるフライヤーは、「私たちはあきらめないだろう。私たちは家や土地、尊厳を守り、空港建設に反対する立場を維持するだろうここに。"


水俣病に関するセクションでは、海域に水銀汚染水を投棄していたチッソ株式会社の責任者であるチッソ社から、犠牲者としての地元コミュニティに開かれた深刻な災害とその家族が補償を求めている。


チッソの労働組合のメンバーを含め、一部の地元住民がそれを支持していた一方で、市民の評判を傷つけていると主張し、他の人たちは行動に不快感を表明した。犠牲者に対処すると、「会社(チッソ)なしで毎日のパンをどうやって稼ぐことができるのだろうか?会社だけでなく、他の水俣市民にも拮抗することを認識しなければならない」


成田空港・コミュニティ歴史博物館、水俣病支援センターなどの機関や個人が展覧会のこのセクションの資料を寄稿しました。


一方、1968年には、日本大学と東京大学の全校共同闘争リーグが形成されました。全日本語として知られていた日本全国の大学にも拡大しました。


東京大学では、大学のシンボルである安田講堂をキャンパス民主化の闘いの中で占領しました。大学当局は、この状況に対処するために暴動警察を呼び、介入が大学の自治権を侵害しているとの批判を促した。


「前景運動に関わる者は高齢化しており、関連文書は過去50年にわたって散らばって失われている」と荒川氏は述べた。 「私たちの歴史の中で学生の動きを見つける方法を研究する必要があります。


立教大学の社会運動史研究院の牛久博文博士は、この展覧会に出席した人たちの実際の生活を強調している。


「これらの無数の声に立ち向かい、私は圧倒されている。今日のこの数十年にわたるキャンペーンが今日の社会にとっていかに重要な意味を持っているかを私に知らせてくれた」


「1968年:無数の質問で満ちた時間」は、12月10日午前9時30分から午後4時30分まで続きます。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com