Loading...

May 11, 2018

日本の財務省職員がセクシュアルハラスメントに関する講演



日本の財務省は、最近、女性記者を性的に嫌がらせをしたとされるトップ官僚の辞任に伴い、上級職員にセクシャルハラスメントを防止する目的で訓練コースを与えた。


同省は高齢者を対象としたセクシュアルハラスメントに対するブランケット講義を初めて提供した。セクシュアルハラスメントに関する従業員のカウンセリングを担当する内部コンサルタントもこのイベントに参加しました。


研修中に講師をしていた弁護士の菅谷孝子さんは、性的嫌がらせを防ぐためのオーナーシップを持たせるよう、関係省庁の問題意識は一般市民の感情にはほど遠いと言いました。


菅谷容疑者は、「性的嫌がらせは、「刑事責任を求めるケースになる可能性がある」と述べ、メディアの報道によると、加害者と回答者による早期の言い訳に疑問を呈している。


同省は、従業員が昇進したが、これまでに高級官僚全員を対象としたこのような行事を行ったことのないセクシュアルハラスメントに対する訓練を行っている。


麻生太郎財務相は、幹部に集中的な訓練を提供するよう要請し、違法行為が再発するのを防ぐため、女性社員からの意見を聞いて必要な措置を講じた。


福田淳一財務相は先月、女性記者に対する性的嫌がらせの疑惑を訴えた。福田容疑者は、後でトップ官僚によるセクハラ行為を確認したが、福田自身はそれを否定している。


(福田、センターは、4月16日に財務省メディア関係者に囲まれている)


辞任後も財政部は、「刑法上、性的嫌がらせのようなものはない」などの声明を繰り返していることもあり、


77歳の元首相の発言は、性的嫌がらせの主張を軽視しようとする試みとして広く受け入れられ、女性の権利集団が多くの日本の都市で集結するよう促した。


福田氏は24日、週刊誌が報道陣に「私はあなたに抱擁してもいい?と "あなたの胸に触れることができますか?"オーディオクリップをリリースしました。安倍晋三首相の仲間である麻生首相は、野党議員らから福田首相が首位に立つことを辞退するよう呼び掛けている。


同省は、元最高官僚が女性記者を性的に嫌がらせし、退職給付を削減したことを認めた。


(反性嫌がらせ行事の参加者は、4月23日に東京で「#WithYou」サインをします)



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿