Loading...

Dec 15, 2017

日本最南端のスキー場が季節にオープン

宮崎、日本 - 九州地域では、九州の冬季に3月上旬にかけて、最南端のスキー場が開通し、交通アクセスや暖冬を克服してより多くの来場者を獲得しています。


標高1,610mの坂道を舞台に、宮崎県の2コースゴーカスハイランドスキー&スノーボードリゾートは、初心者や中級者向けに1kmのコースの半分をオープンしました。


日本最南端のスキー場が季節にオープン photo


北海道や北部の北部地域とは異なり、南西部の宮崎県は亜熱帯気候と豪華なマンゴーで有名です。


初心者と子供が安全に練習できるような緩やかな斜面の導入により、リゾートは今年3万5000人の訪問者を予想しています。


リゾートのマネージャーの矢野博は、「雪が機械で作られたものの、いつもより冷たいので、雪の状態はかなり良い」と述べた。金曜日の正午の季節の初日は、カラフルな服装で300人以上の訪問者が楽しんでいました。


リゾートの公営 - 民間事業者に投資してきた地方の町の政府によると、来場者の数が減少したため、閉鎖が検討されていた。ゴーカースの町役人は、「ビジネス環境は依然として厳しいもので、プロファイルを上げることでより多くの訪問者を獲得するよう努力する必要がある」と語った。


アクセシビリティは状況を助けません。最寄りの高速道路出口から車で約90分の場所にあり、公共交通機関はありません。


ここ数年は暖かい冬のために雪が降らず、熱帯のマンゴーの果物やヤシの木によく似た県内の観光客をリゾートから遠ざけてしまいました。


福岡から5歳の息子や他の家族を連れてきた31歳のスノーボーダーの野中雄策さんは、「雪質がいいのでここに来た。私の息子も楽しんで欲しいここ来年以降も同様です」



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com