Loading...

Apr 5, 2018

鹿は観光客に日本の公園が摂食のヒントを発行するように促す

西日本の奈良公園では、動物が負傷したと報告している外国人が増えていることから、公園に生息する野生の鹿に安全に餌を与える方法に関するヒントを公開し始めた。


有名な東大寺と春日台神社に囲まれた660ヘクタールの公園は、1000人以上の鹿に特別クラッカーを捧げることができる主要な観光スポットです。



しかし、その人気は2017年度に180件の傷害報告を記録し、138件は外国人が関与しているという。


外国人の割合が高いことから、奈良県は、客がクラッカーを買う立場で、英語、中国語、日本語で指示パネルを作り、告白するとすぐに食べ物を与えるように指示し、鹿を怒らせた。


また、フィーダーには、食べ物が完成したことを知らせるために鹿に手を出すよう促す。


公園の鹿は国宝として保護されています。




@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com