Loading...

Apr 20, 2018

日本のソーシャルメディアは、性的嫌がらせを受けたテレビ朝日の記者を擁護している



ソーシャルメディア上の日本人は、犠牲者を守るために何もしなかったために、財務副大臣に性的嫌がらせを受けていると主張された女性TVの朝日記者を防衛することになった。


福田潤一財務相は、昨年十一月に就任した記者会見で、女性記者の嫌がらせを受けて、


テレビ朝日が記者会見を開き、ジャーナリストが実際に何度も性的嫌がらせを受けたと信じていると報じた記者会見を開き、記者が誰のために働いているかは分かっていない。


政府が告発した後に記者会見を行ったテレビ朝日は、正式な抗議が司法省に提出されると述べた。


彼は踏み込んでいるものの、主張を否定し続けている。 58歳の彼は、スキャンダルが彼の仕事に損害を与えたため、辞任すると語った。


ジャーナリストの有本香織さんとの同意で、ツイッターユーザー@sumerokiiyasakaはテレビ朝日を記者に話を漏らさなければならない地位に入れていると批判した。



「テレビ朝日のセクシャルハラスメントに対する遵守のルールはまさに何か」と@スメルキヤヤサカは言った。 「従業員は援助のために上司に向かい、適切な援助を得られず、話を雑誌に漏らさなければならないまで、その状況を耐える力はない」


企業アナリストのニッタリョ氏は、テレビ朝日が記者をビートに守る責任の一部を負わなければならないと述べた。



"被害者は助けを求めて上司に行きましたが、乾いていませんでした"と彼は言いました。 「彼女は新潮に逃げようとしていたが、テレビ朝日がその話を漏らしているのは非倫理的だと言われている。


しかし、 @ netsensor1は、テレビ朝日との対話で、ソースとの会話を第三者に漏らす倫理について話しています。


テレビ朝日の従業員が機密情報源から第三者に情報を漏らした場合の罰則は、企業のコンプライアンスの観点からは非常に悪いことです。




@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com