Loading...

Jan 1, 2018

ギャラリー:今年の初めの日の出、鳥瞰図富士

日本航空と全日本空輸は、2018年の最初の日の出と富士山を眺めるために、月曜日に東京の羽田空港からチャーターを飛ばしました。


長野と山梨県の上空の壮大な景色を撮影した後、乗客が写真を撮った約6時50分に太陽が上昇するのを見て、JALボーイング767とANAボーイング787は正午の午前6時ごろ出発した。その旅行は2時間よりやや長く続きました。



JAL便で最も高価な窓座席は、ANAで14万円、10万円で売られた。また、JALとANAも、成田空港と中部空港の同様の飛行機を提供しています。


羽田発のJALチャーター便に乗ったANA飛行機のパイロットと8人の乗務員は、すべて犬の年 - 2018年の中国の十二支のサインで生まれました。



埼玉の60歳の妻である杉原義美さんは、ANAツアーの待機リストから幸運にも立ち上がった。


"私はちょうどキャンセルのおかげでやってきた"と彼女は言った。 「それは地平線を見るためにとても移動していて、富士山は太陽によって明るい赤色に輝いていた」





©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿