Loading...

Nov 22, 2017

日本の小売大手のイオンは、1月にポルノ雑誌の販売を停止する。



日本の大手小売チェーン「イオン」(Aeon Co.)は、店頭で性的に露骨な表紙について顧客からの苦情に応じて、1月に全国の7,000店舗でポルノ雑誌の販売を停止する。


イオンの傘下にあるコンビニエンスストアチェーンのミニストップは、12月1日、東京近くの千葉市の43店舗で、18歳以上の性的雑誌の販売を中止する。


イオンは、2020年の東京オリンピックとパラリンピックの外国人観光客の流入が予想される前に、スーパーマーケット、みらい屋書店、オンラインでのポルノ雑誌の販売を中止することに決めた。


千葉県庁舎で記者会見した藤本明博社長は、「子供がいると店に入ることを2度考えている顧客からの報告を受けている」と述べた。


「社会的な布地の使命を果たすために、私たちの店舗は誰もが安心して使うことができる場所にする」と藤本氏は語る。


コンビニエンスストアでの雑誌の販売を制限する熊谷俊平市長の計画に基づき、来月、千葉県の首都圏のポルノ雑誌の販売を中止する。


市長は、「ミニストップの動きが、若い人たちや女性がいつも快適に使うことができる店舗の勢いをつくることを願っている」と述べた。


2004年、日本のコンビニエンスストア協会は、ポルノ雑誌が顧客の店頭で開封できないように封印するためのガイドラインを作成しました。しかし、この動きにより、出版社は売り上げを増やすためにより挑発的なフロントカバーを生産し、一部の顧客からの批評が得られました。


日本のセブン - イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの3大コンビニエンスチェーン事業者は、この問題の対処方法を決定していない。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿