Loading...

Sep 24, 2017

専門家は性別を変更する手術の法的要件を質問する



専門家は、性同一性障害を持つ人々が登録された性別を正式に変更するために性別の再割り当て手術を受けるという法的要件に疑問を呈している。


「性転換手術を必要とする者を含め、性的不快感を抱える人々の中には様々なタイプの人々がいる」と、精神科医の播磨勝樹さんは最近の東京のシンポジウムで語った。


しかし、重大な身体的苦痛を感じていない人でさえ、合法的に性別を変える手術を受けることを義務付けているのが倫理的な慣行かどうかは疑問だ」


現行の法律では、GIDの人々は、性別の再割り当て作業の結果として生殖器官が機能していないなど、いくつかの条件を満たしている場合、性別が家族登録簿に記載される方法を変更することができます。


日本精神病学会の理事である播磨は、日本弁護士連合会主催のシンポジウムにパネリストとして参加しました。


別のパネリストの杉山文子氏は、「仕事を探すのが嫌なGIDの人がいる」と話したので、ジェンダーの性格と家族の性別の違いは履歴書には書かれていない。


かつて女子フェンスで日本を代表していた女性から男性へのトランスジェンダーである杉山さんは、胸部外科手術後に内臓器を持っていたので、登録された性別を変更できませんでした。


杉山氏は、「胸は見えていたが(女性の身体を見せている)、私の身体にナイフを掛けたくない」と述べた。


杉山は性的マイノリティの理解を深める主導者であり、同性パートナーシップを結婚と同等と認定する証明書の発行を認可する渋谷区政府の渋谷区政府通過の鍵を握った。


JFBAによると、ヨーロッパ諸国や米国のいくつかの州を含む世界の多くの国々が、性転換手術を受けなくても、GIDの登録された性別の変更を承認している。


世界保健機関(WHO)と他の機関は、ジェンダー肯定的な治療とジェンダーマーカーの変更を受けるための前提条件として滅菌手術を受けるという要件は、「身体的完全性、自己決定および人間に対する尊重に反している」と述べ、2014年に共同声明を発表したトランスジェンダーとインターセックスの人に対する差別を引き起こし、永続させることができる」と語った。


臨床心理士である佐々木翔子氏は、性器の再配置手術は、性器の不自由な人の性同一性を必ずしも安定させるものではないことを明らかにした。


彼は子宮を持たないほうがいいと思っているが、男性の性行為を完全に機能することができないことを認識しており、性転換手術は限られた結果しか得られないということを佐々木氏は指摘する。


「その場合、性転換手術は性同一性の安定化には関係しない」と彼女は語った。 「登録された性別を正式に変更するためのジェンダーの再配置手術の法的要件は、性的不快感を持つ人々に「社会的苦痛」を引き起こすことがあります。


日本精神医学会によると、日本の医療機関を訪れるトランスジェンダーの人数は、2015年末までに22,435人であり、うち4,671人(20.8%)が性別を変更した。



==協同

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com