Loading...

Nov 27, 2017

東京湾で新型水陸両用バスツアーを開始

2020年の東京オリンピックとパラリンピックに先駆けて、外国人観光客の流入が見込まれる東京湾の水陸両用バスツアーが月曜日に開かれた。



富士急工業は12メートルの長さの「TOKYO NO KABA」バス(東京のカバ)を運営しています。このクルーズは、近くのお台場エリアにあるオフィスビルやエンターテインメント施設を巡って東京ベイに広がるレインボーブリッジの下を巡ります。


バスは38席あり、英語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語でツアー情報を提供しています。九州電力が運営する豪華なクルーズ列車「九州の七星」をはじめ、鉄道などの産業デザインで知られていた三戸栄治氏のデザインによるものです。


富士急行は1日7回、週6日、45分のツアーを運営しています。運賃は、大人3,500円($ 31)、4歳以上の子供1,700円、3歳以下の方は500円です。同社は年間60,000人の顧客を想定しています。


ヒノマル・ジドゥヤ・コガヨーも同様のバスツアーを提供しています。




©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿