Loading...

Apr 1, 2018

超台風によって東京の1/3までが水没することがありました:gov't

首都圏の23区の3分の1に相当する東京の面積は、強力な台風による高潮により最大10メートルまで落ちる可能性があると東京都庁が発表した。




政府は、910ヘクトパスカルの中心気圧の台風が市内にぶつかると、首都東部の低地を中心とした212平方キロメートルの広大な面積が冠水する可能性があると推定している。


東京都江東区の区域では墨田区の99%、葛飾区の98%、江戸川区の91%が浸水している可能性があるが、荒川河川周辺の堤防が壊れているため、洪水は1週間以上続く可能性がある。見積もり


JR品川・新橋駅は1メートルの深さまで浸水し、港区・中央区の商業地区は約50センチメートルの深さに残すことができます。


この見積もりは、1934年に西日本に衝突し、3,036人が死亡したかのような強力な台風が、東京港の潮位を高水準に上げるコースを通過するというシナリオに基づいています。


東京は、福岡県の後にこのような見積もりを発表する日本の2番目の地方自治体です。




@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com