Loading...

Dec 30, 2017

クロニズムのスキャンダルによるバズワードが豆ペーストバンを打つ

大阪府渋谷区の安倍晋三首相が同日午前、東京都渋谷区の新聞に掲載された。


西日本大阪のHeso Productionによると、約10万箱の「孫策曼荼苑」(Sontaku Buns)が6ヶ月間で販売されているという。


クロニズムのスキャンダルによるバズワードが豆ペーストバンを打つ photo


「ソンタク」とは、自分の気持ちを推測した後、他人の暗黙の願いに基づいて行動し、首相に関係するスキャンダルのために、今年の言葉の一つとなった。


同社の社長稲本実氏によると、甘い餡が詰まったこのバンは、「ontak」の漢字で刻印され、ビジネス会話の会話として使用したいビジネスマンが買収した。


安倍首相は、国有地を大幅に引き下げた価格で売却する意思決定や、獣医学校建設の申請に好意的見解を示している2つの学校運営者に対して、今年初めに政治的嵐の中心になっていた。


安倍氏は、モリトモ学園と掛け合い教育機関の決定に関与していないが、意思決定の過程で官僚は「宗達」を行使したと言われている。


記念品のアイデアを開発しているHeso Productionは、41歳の大統領が「sontaku」を何らかの製品に変えることについての顧客からの電子メールを受け取った後で、パンのアイデアを思いつきました。


稲本氏は、この考えを調べたところ、現在のスキャンダル協会という言葉にもかかわらず、当初は悪い意味を持たず、他者に対する配慮の美徳を体現しているということを発見しました。


その考えを念頭に置いて、彼は甘い豆ペーストでいっぱいのパンを作ることにしました。 6月に発売された。


当初、いくつかの店は政治的な倍音を含んでいたが、バンを売ることを拒否したが、道頓堀や新大阪などの主要なショッピングモールの棚に当たってから離陸し、注文が急増し始めた。


今では鉄道の主要駅や空港など、西日本を中心とした多くのお店で販売されています。


「宗達は、日本の文化を象徴する素晴らしい言葉です。私はそれを尊重し続けたいと思っています。


ファミリーマート・ユニ・ホールディングス(株)は、ファミリーマートのコンビニエンスストア「ソンタクグーゼン」(ソンタクミール)を別途販売しています。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com