Loading...

Feb 20, 2018

福島危機の中で102歳の自殺で報復された報酬



日本の裁判所は、2011年の福島原発事故で自宅から逃げるために命を落とした102歳の男性の家族に、1520万円(142,000ドル)の損害賠償を命じた。


福島地裁は、大久保文夫の自殺と原発事故の因果関係を認識し、不通の原子力発電所の運営会社である東京電力ホールディングスに補償金を支払うよう命令した。


大久保の3人の家族は、Tepcoとして知られているユーティリティから合計6,000万円を探していました。故郷の飯舘町の外に住んでいたことのない男は、政府が村に避難命令を出すようになったことを知った翌日、2011年4月12日に自分の部屋にぶら下がっていた。



2011年3月11日、日本北東部の福島第一複合地震でマグニチュード9.0の地震が発生した後、1986年のチェルノブイリ事故以来、世界最悪の原発事故で複数の被害が発生し、近隣住民に避難指示を出した。


植物の北西約30~50キロに位置する飯舘村は、2011年4月22日に避難区域に指定された。浄化作業が放射能のレベルを下げる助けとなったため、村のほとんどの地域で秩序が解除された物質。


金沢秀喜裁判長は、大久保容疑者が避難していれば高齢者を指して「家に帰らずに死ぬ可能性が高いため、耐え難い痛みを負った」と述べた。


Tepcoは、2014年および2015年の同様の訴訟で、原発事故に関連した自殺に関連して、福島裁判所による補償を命じられました。


今回の訴訟によると、大久保は2011年4月11日のテレビニュース番組を通じて、緊急避難命令を知り、娘の義理の美恵子さん(65)に「避難したくない」と語った。彼は2時間テレビの前に座って、「私はもうちょっと長生きしたと思う」と言った。


原告らは、大久保は飯舘で一生暮らしていたと主張し、精神的な苦痛を受け、自分の人生が避難者であると想像していた。


テポコ氏は、大久保氏の自殺と原子力災害との因果関係を否定し、何らかのつながりがあっても健康状態が悪いと自殺を決定した可能性があると主張した。


村の農家に生まれた小久保は、小学校を卒業してすぐに農夫になった。彼は牛と馬を保ち、耕作地を作り、葉たばこを育て、蚕を飼育した。


「おじいちゃんの場合、避難命令は「死ぬ」と同じだった」とミエコ氏は語った。判決が下された後、彼女は記者団に対し、「私たちは皆の支援のおかげで(報酬)を勝ち取った。私は祖父の墓に行って裁判所の判決を報告する」と語った。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿