Loading...

Oct 20, 2017

東京都西部の高齢者が歩行者に当たると負傷した

東京都西部の高齢者が歩行者に当たると負傷した photo


東京都渋谷区の東京都内の歩行者らが、2歳の男の子など6人を負傷し、85歳の運転手が逮捕されたことを受けて警察や救助隊員らが逮捕された。


武蔵野のJR吉祥寺駅から約300メートル離れた百貨店前の午後2時ごろに起こった事件の後、負傷者は意識を失った。


警察は、小金井容疑者の近くの小金井地方から運転手を逮捕し、負傷の疑いで怪我を負った。彼と女性の乗客は無傷だった。


警察によると、車は地下駐車場を出て歩行者に耕した。それは道のりの反対側でガードレールを打った後で止まった。


ドライバーは、「間違ったペダルを踏んだかもしれないが、私ははっきりと覚えていない」と警察によると、


女性の証人が警察に緊急通報をした。


近年、致命的な交通事故が全体的に減少傾向にありますが、日本の75歳以上の人々による致命的な交通事故率は増加傾向にあります。 2016年には、死亡者が死亡した総事故の約10%を老齢運転手が負っていました。


重度の交通事故の発生を抑制するために、認可制度の改正を希望する高齢者のために、より厳しい認知機能テストを実施している。政府はまた、高齢運転者が自発的に免許を放棄するようキャンペーンしている。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com