Loading...

Jan 13, 2018

京都は豊かな外国人観光客に文化ワークショップを提供

京都市 - 年間5,000万人以上の観光客が訪れる京都市は、豊かな外国人旅行者を誘致するために文化的なワークショップを提供し、目的地との関わりを深めています。


来場者が過去最高の水準に達したことで、古代日本の首都は、ハイエンド観光に関連した高い支出、特に外国人を狙った観光振興のために、量から質へと焦点を移しています。



同市によると、日帰り旅行を除いた日本人旅行者は、2016年に約47,000円(420ドル)を費やし、外国人観光客の10万円の約半分を費やした。


市政府関係者は、「裕福な外国人旅行者の心を勝ち取って、伝統産業と地域経済を活性化させたい」と語った。


このような取り組みの一環として、市は、日本の主要観光地である金沢市と提携して、11月にリッチ・カスタマーへの旅行を販売するアメリカの旅行代理店を対象とした調査ツアーを開催しました。


京都では、着物レンタルショップで着物を着たり、酒蔵を訪ねたり、茶道を体験したりするなど、2人の女性が文化プログラムに参加しました。市は京都での経験をもとに旅行計画を立てることを望んでいます。


「裕福な観光客は強い知性を持っており、地元の専門家と直接コミュニケーションをとることで、独自の伝統文化を体験したい」と同市の許可を受けた通訳ガイドの田中武は語った。


市内のいくつかの仏教寺院では少人数の英語で瞑想授業が始まり、職人と話しながら日本の折りたたみ扇子や陶器を作ることができる工芸センターが増えています。これらの場所は、裕福な外国人旅行者に人気があることが証明されています。


また、札幌、奈良、石川県など2016年4月には、裕福な外国人観光客を誘致するため、


「過去には、日本の各地域で観光振興が行われ、日本全体を宣伝する態度が欠けていたが、各目的地の魅力を結集してより多くの外国人旅行者を連れて行く」と京都市の関係者は述べた。




©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿