Loading...

Sep 21, 2017

日本の安倍晋三官房長官は、



安倍晋三首相は14日、国連加盟国すべてに、核とミサイル開発計画に必要な「物資、資金、人材、技術」へのアクセスを阻止するよう、各国に要請した。


安倍晋三官房長官は、北朝鮮との対話の試みがすべて終わったことを示している、と述べ、ニューヨークで開かれた年次国連総会での演説で、北朝鮮による6回目の核実験と一連の弾道ミサイル発射を受けて、 "


安倍晋三官房長官は、安倍晋三官房長官は、「国連安全保障理事会の決議案をすべての国が厳格かつ完全に執行し、


「核兵器と弾道ミサイルのすべてのプログラムを完全かつ検証可能かつ不可逆的な方法で放棄するようにしなければならない。それを行うために必要なのは対話ではなく、圧力だ」と述べた。


安倍氏は、具体的に名前を付けることなく、中国やロシアなど、北朝鮮との直接対話を非核化するよう提唱している国々の批判を払拭した。


安倍晋三官房長官は、1994年にワシントンと平壌の間で締結された合意された枠組みと、2008年以来停滞している北朝鮮、中国、ロシア、日米の6者協議を引用し、北朝鮮は核兵器を放棄する意思はないまたはミサイル開発」と述べた。


「北朝鮮にとって、対話は、代わりに私たちを欺いて時間を買う最善の手段だった」と彼は語った。 「どんな成功を祈って、同じ失敗を3回目も繰り返すのですか?」


安倍晋三官房長官は、9月11日の国連安全保障理事会の全会一致で、北朝鮮の原油・石油製品供給を初めて制限した制裁決議を全会一致で採択したことを歓迎した。


しかし、北朝鮮は、9月15日に日本を越えて太平洋に弾道ミサイルを発射して決議案を「無視した」と述べているので、ドライ。"


「北朝鮮による挑発に終止符を打つことができるかどうかは、国際社会の結束にかかっている」と述べた。



安倍氏は、北朝鮮の拉致問題が1970年代から1980年代にかけて注目され、13歳の横田めぐみ容疑者の拉致から40年を迎えると指摘した。


北朝鮮の立場と豊富な天然資源が、経済成長と人民生活の向上を望むことを意味している。


「拉致問題、核兵器問題、ミサイル問題の解決に失敗し、すべての人類に脅威となることによって、北朝鮮がそれ自体のために開放できる未来はまったくない」と述べた。


安倍晋三首相の演説は、一部の国家が北朝鮮との貿易を続ける中で「怒り」を表明し、敵対行動を止めるまですべての国に孤立を呼び掛けたドナルド・トランプ大統領の発言と踏み込んでいる。


安倍晋三官房長官は、「日本はすべての選択肢が表に載っている」という米国の姿勢を一貫して支持していることを再確認した。


トランプ氏は、米国が「自国や同盟国を守ろうとすれば、北朝鮮を完全に破壊するしかないだろう」という彼の火曜日の演説で、見出しをつかんだ。


安倍晋三官房長官は、木曜日に会談を予定しており、文部院(ムン・ジェイン)韓国大統領も出席する。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿