Loading...

Oct 20, 2018

ネスレジャパン、大阪にKitKatストアをオープン

ネスレジャパン、大阪にKitKatストアをオープン photo


OSAKA - Japanは、ユニークなKitKatの味の絶えないリストとして知られていますが、現在、Nestle Japan Ltd.はチョコレートバーのプレミアムバージョンを次のレベルに引き上げています。これは、大阪のダウンタウンの新しい専門店で、液体窒素によってその場で冷却されるオーダークリエーション。


過去のポップアップショップでは、パーソナライズされたバーが限られた場面でしか利用できなかったが、水曜日に開店したKitKat Chocolatoryショップは、カスタムKitKatを作ることができる初めての唯一のスポットである。


ネスレジャパン、大阪にKitKatストアをオープン photo


顧客は5つのタイプのチョコレートから選んで、乾燥したマンゴー、パイナップル、マシュマロなど9種類のトッピングから3種類のトッピングを選ぶことができます。次に、液体窒素をその上に注ぐことにより、KitKatバーをマイナス196℃で冷却する。


ネスレジャパン、大阪にKitKatストアをオープン photo


価格はチョコレートの選択に応じて702円(6ドル)から始まります。ネスレによれば、お客様はチョコレートバーに9個のトッピングすべてを2,214円で購入することもできます。



日本からのお土産として海外観光客に人気のあるKitkat製品が人気を博していることから、最新のKitKat Chocolatoryストアは、大阪の主要観光・ビジネス地区にある南海電鉄の難波駅の改札口のすぐ前にあります。


鉄道会社には、店舗の隣に多言語スタッフがいる電車のチケットカウンターもあります。


ネスレジャパン、大阪にKitKatストアをオープン photo

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com