Loading...

May 8, 2018

日本の自衛隊の事故で、普天間飛行場に自衛隊が派遣される



日本の自衛隊員を今年初めに米国のヘリコプター事故で沖縄の米海兵隊基地に派遣しようとする日本の計画は、米国の嫌気のために不調になっているという。


2月に自衛隊員を米海兵隊飛行場普天間基地に送る動きは、1月以来、南部の島嶼部で米軍ヘリコプターを含む緊急着陸に襲われた安全懸念を和らげることを目指していたという。


しかし、日本の国防総省上級幹部は、計画の延期要求を受けてから米国側からの意見は聞かれておらず、展開に向けた協議が難しいことを示していると述べた。


普天間に所属するAH-1攻撃ヘリコプターが読谷村で1月8日に強制着陸し、1月23日に沖縄の戸野村に強制着陸した。


これに対応して、小野寺氏は1月30日、米軍事作戦における安全確保のための自衛隊員の派遣を発表した。

2月1日にメンテナンスに関する技術的専門知識を有する自衛隊員が派遣される予定であった。

(普天間飛行場)


米国側は当初同計画に同意したが、派遣当日に、準備に時間がかかるため、延期されることを頼んだ。それ以来、両当局は配備の手配を続けてきたと国防省は語った。


しかし、米軍は、ヘリコプターが事故を予防するための予防接近をしただけなので、日本のメディアに報告されているように、この形態を検査の一形態と見ており、この性質の調査に反対している。


安倍晋三首相は、「地元住民の安全を確保することが基本的な前提(基本)」と述べ、米国側に「安全が確保されていることを確認し、原因を調査し、もう一度起こっている事。 "



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿