Loading...

Feb 21, 2018

日本は生まれつき最も安全な場所です、ユニセフの報告書によると

【ニューヨーク2日ロイター】国連安全保障理事会(仮訳)は、2016年に新生児死亡率が最も低い国、日本はアイスランド、シンガポールが世界トップを占めている。


「日本、アイスランド、シンガポールは新生児死亡率で測定されるように、生まれつき最も安全な3つの国」と、「Every Child Alive」という報告書は述べている。


日本は生まれつき最も安全な場所です、ユニセフの報告書によると photo

(日本の病院の新生児)


「日本で生まれたばかりの子どもたちは、生存する可能性が最も高い」と、901年に1000人のリスクで1人、シンガポールで909人の1人が出産した。


一方、「パキスタン生まれの子どもたちは最悪の状況に直面している」と報告し、死亡率は22%に達した。


33ページの報告書によると、新生児として死ぬリスクは出生地によって大きく異なる。毎年、約260万人の赤ちゃんが1カ月前に死亡し、およそ100万人が出生の日に死にます。毎年さらに260万人の赤ちゃんが死亡しています。


新生児死亡率が最も高い10カ国のうち8カ国がサハラ以南のアフリカにある。パキスタンに続いて、中央アフリカとアフガニスタンは、それぞれ2番目と3番目に危険な場所です。


日本は生まれつき最も安全な場所です、ユニセフの報告書によると photo

(母親とパキスタンの幼い子どもたち、Save the Childrenによって提供された写真)


「日本は歴史的に生きているすべての子どもたちのこの問題に取り組んでおり、この問題を解決するために政府の資源と知識に多額の投資をしている」と、ニューヨークの川村康久国連副大使は、


彼はまた、世界中の何百万人もの人々の生活を向上させるための世界的な推進を指し、他の国家の確保を重視していることを強調したが、最も脆弱な幼児保護の


ユニセフのニューヨーク事務局長であるヘンリエッタ・フォレ氏は、「ほとんどの場合、新生児は貧しい人々のために死にます。 「最も貧しい家庭で生まれた赤ちゃんは、新生児期に死亡する可能性が最も高いのは、最も豊かな家族の赤ちゃんよりも40%多い」


約7,000人の新生児が毎日亡くなっているにもかかわらず、手頃な価格の保健医療や十分な訓練を受けた医療スタッフなどの「基本的な解決策」で死亡者の80%以上が予防可能であるにもかかわらず、バングラデシュ死亡率が3分の2を下回っている。


バングラデシュのMasud bin Momen大使は、新生児死亡率が1990年の241,000人から昨年62,000人に急激に低下したことを自国がどのように実現したかを説明した。


彼の国は最近、全国の新生児健康キャンペーンを開始することによって、赤ちゃんのためのオッズを改善することにコミットしている、と彼は言った。これには54地区の公立病院に特別な新生児ケアユニットが導入されましたが、別の20地区でさらに支援が必要です。


また、ミャンマーからのロヒンギャ難民の流入が、出産を安全にし、子どもを生き返らせるのに困難に直面している何千人もの妊婦になる可能性が高いとの見通しを示した。


「私たちはユニセフに、毎年、子どもの生きがいをキャンペーンをロヒンギャ難民キャンプにまで広げ、人生を救うように要請しています。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com