Loading...

May 11, 2018

カラフルなウガンダのバッグが日本で離陸し、女性を持ち上げて



日本の社会起業家が独身の母親や元児童兵に権限を与える計画のおかげで、ウガンダの女性たちが苦労して手作りしたカラフルなアフリカンプリントバッグは、ファッションに敏感な日本人を引き付けている。その国。


アフリカで一般的に見られるバティックの生地から作られたバッグは、幾何学模様、魚、鳥などのモチーフを持つ鮮やかな色彩とダイナミックなデザインが特徴です。 2015年に販売が開始されて以来、日本の高級百貨店やオンラインで棚板を飛び回り、ユニークな製品を探している消費者に歓迎されています。


「主な顧客は成熟した消費者であり、何か新しいものを探している中年女性です。バッグ作りの背景にも共感しています」と、バッグブランドRicci Everydayを創設し、ウガンダ人とビジネスを展開する中本智三(33)彼女の母親リッツェ。


ブランドのフラッグシップアエロバッグは、トート、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、クラッチバッグの4つの方法で使用できるので、カラフルで機能的です。その革のハンドルは、カンパラのワークショップで従業員によって手でステッチされています。母国語では、「アケロ」は「良いものをもたらす」ことを意味します。


(写真提供:Ricci Everyday)


1万円(93ドル)の価格で、このブランドのバッグは、よく知られているブランドのバッグを好む傾向がある若い日本の消費者にはあまり人気がなく、中高年以上の顧客にアピールしているという。


「私はすぐにバッグのカラフルさに惹かれました。私は仕事に使っていきます」と、近藤義枝さん(59歳)は4月中旬にソーゴ&西武のデパートでAkelloバッグの1つを購入しました埼玉、東京の北。


バッグ販売からの収入は、ウガンダ人スタッフの生計を向上させました。現在、約20名であり、その大多数はシングルマザーです。中本氏によると、彼らの給料は国の平均給与の2倍だという。


20年にわたる内戦が2006年に終結した東アフリカの国では、女性たちが安定した仕事を見つけて学校に持ちこたえることは難しく、特に生活費が高い都市部親戚や隣人からの支援はまれであるとナカモト氏は語った。


「これらの母親は、貧困と自尊感情が低いと非難していましたが、今や彼らの生活はより高い所得で安定しており、自ら誇りを持っています。


(ウガンダの動物園はアフリカのプリントバッグを作るためにカンパラのワークショップで縫う)[写真提供:Ricci Everyday]


2014年からウガンダで援助職として働いていた元銀行員、そして彼女のウガンダのビジネスパートナーは、自分が最初に縫うことを学ばなければならなかった母親が縫製を学ばなければならなかったため、


しかし、熟練した職人がチームに加わり、アフリカのプリントバッグのサンプルを6ヶ月間試行錯誤した結果、彼女は最終的に「希望の光線」を見つけました。


「日本の消費者は製品の機能性と耐久性を重視している。ウガンダのスタッフは、日本で販売される袋に必要なレベルの60%を満たすことができ、残りの40%は物事を修正する場所を指摘することで補充する」と起業家は語った。


品質を保証するために、日本のブランドの共同ヘッドである中本の60歳の母親は、発売前に再検査を行います。これまで、2カ月ごとに日本とウガンダを行き来するビジネスマンによると、袋の品質に大きな問題はなかった。


Ricci Everydayは地元の女性に苦労するだけでなく、昨年8月から、Guluの北部地域で、子どもの兵士とともに、反乱軍によって戦われた後に故郷に戻った。


ウガンダ人の市民社会への復帰を支援する日本の援助団体であるテラ・ルネッサンスと協力し、19歳の児童兵を20歳代で育成し、機械で刺繍したトートバッグを共同開発しました。


トートの販売価格は5,940円で、4月中旬に日本の通販会社、Cataloghouse Ltd.


「兵士に誘拐されて10年以上前に帰国した子どもたちは、識字率が悪く、家族によって拒否されることが多いため、生計を立てるスキルを身に付ける手助けをしている」 。


ウガンダで終結した内戦にもかかわらず、反政府勢力は近隣のコンゴ民主共和国と中央アフリカ共和国のジャングルで隠れており、帰還者は通常怪我をして政府軍に降伏した者だという。


大地震と津波が東日本大震災を襲った2011年3月に、彼女の生活が脆弱であることを痛感した後、彼女は少しでもアフリカに興味を持っていた中本が大陸で働くという夢に一歩近づいた。その経験から、彼女は彼女の目標を追求しました。


(中本智三(第2列R、第2列)、ウガンダのビジネスパートナー)[写真提供:Ricci Everyday]


三菱UFJ銀行の日本銀行銀行である日本最大の銀行に就任し、アフリカの農家を支援する日本のグループである笹川アフリカ協会に入社しました。


東京オフィスに勤務している間に、エチオピアの羊の皮から作られた革製のバッグを日本の新興製造工場で販売し、ファッションビジネスのABCを学んだという。


「銀行家として、金銭を借りて貧しい人々に厳しいものを求めるだけでは意味がないと感じることもありました。援助労働者として、援助受取人が自分の足元に立つのを防ぐ財政援助や、ドナーとレシピエントの間の関係」と述べた。


「私はビジネスに携わっているので、私はウガンダのパートナーと50対50の関係を築いています。仕事をしてバッグを作っています。私たちはお互いに依存しています。


中野はスタートアップでいくつかの国内賞を受賞し、スコッチウィスキーのChivas Brothersが設立した今年の "Chivas Venture" $ 1百万ファンドのシェアを獲得するために27のグローバル競合企業の1つに選ばれました。フランスのPernod Ricard SA


5月下旬にオランダで最終的なピッチに達するプロセスで資金調達を獲得することで、NakamotoはRicci Everydayの東京ショールームを開いて、人々がバッグの背後にある物語を学ぶことができるようになります。これまでのところ、この製品は日本のポップアップストアやカンパラの常設店でのみ販売されています。


今後は、オーストラリア、カリフォルニア、ケニア、ハワイ、ロンドンの都市にも展開したいと考えています。


「明るい色の製品は秋冬に売れないので、南半球や熱帯地域に販売ルートを持つことは合理的です。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com