Loading...

Oct 5, 2017

Uniqloは米国の空港、モールに衣料品自動販売機を設置しています

ニューヨークのカジュアル・チェーン・チェーンのオペレーターであるUniqloは、米国の都市の空港やモールに自動販売機を設置し、顧客がタッチスクリーンを使って選択し購入できる人気商品を2つ提供している。


同社は、カリフォルニア州オークランド国際空港にあるものを含め、8月2日以来、いわゆる「Uniqlo to go」マシンのうち5台を搭載している。近いうちに5つの場所でこのようなマシンを展開する予定です。



Uniqlo USA LLCの最高経営責任者(CEO)であるTashi Hiroshi氏は、「バルクや多目的なアンダーシャツを使わずに暖かいジャケットを探している旅行者に便利な機能を追加しています。ボタンを押して "


ニューヨーク市のショッピングモールであるクイーンズセンターでは、Uniqlo自動販売機が時折買い物客を集めています。ジーンズショップとファッションブランドの店舗の間に位置するこのマシンは、69.90ドルの軽量ダウンジャケットと男性と女性の14.90ドルのヒートテックシャツを提供しています。


クイーンズの女性は、「私は自動販売機でメイクを販売していますが、この自動販売機は衣服を販売しています。本当に珍しいです。 「私はここに息子のシャツを買いたいと思っていたが、彼のサイズはわからないので、明日に彼を連れて来なければならない」


2005年に米国市場に参入したユニクロは、7月末現在、全国に45店舗を展開しています。同社はまだ国内で収益を上げていないが、自動販売機は正しい方向への動きだと考えている。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿