Loading...

Sep 19, 2017

5つの原子力発電所の冷却システムが火山噴火中に失敗する可能性がある

5つの原子力発電所の冷却システムが火山噴火中に失敗する可能性がある photo


日本原子力安全委員会(NSC)の安全上の問題を抱えていた5基の原子力発電所が、近くの火山の巨大噴火の際に冷却装置を失う危険があるとの見方を示した。


5工場は、九州電力が運営する仙台発電所、鹿児島県の美浜工場、大井工場、関西電力、愛媛県の伊方工場、四国電力九州電力が運営している佐賀県の玄海工場。


さらなる研究とデータにより、大規模な噴火による火山灰の濃度の可能性は、以前推定した約100倍まで上昇する可能性があることが明らかになった。この発見は、原子力規制当局によるプラントのスクリーニング後に初めて明らかになった。


日本の電力会社連合会によると、吐き出される火山灰の濃度は、工場の空気フィルターの限界を超える可能性があります。


近くの火山が噴火した場合、原子力当局によると、5つの発電所と8台の原子炉は外部電源を失い、非常時のディーゼル発電機は役に立たなくなるだろう。


原子力発電所に影響を及ぼす可能性のある火山灰の密度レベルを現在の100倍まで引き上げる一方、ユーティリティーには空気フィルターをアップグレードすることを目指しています。


イカタ工場の3号機と玄海製作所の3号機と4号機は、目詰まりしたフィルターの影響を最も受けやすいもののリストです。


2011年3月、北東日本の福島第一発電所の原子炉冷却システムは、強力な地震と巨大な津波の後に危機に瀕し、チェルノブイリ以来の最悪の原子力災害となった。


5つの原子力発電所は、福島災害後に導入されたより厳しい安全要件をパスした。


5つの原子力発電所の冷却システムが火山噴火中に失敗する可能性がある photo


2011年3月11日のマグニチュード9.0の地震の後、津波は、海抜10メートルの6つの原子炉福島工場と浸水した電源設備を浸水させた。


原子炉冷却システムは不自由でした。第5号機と第6号機は「冷房停止」状態を達成したが、第1〜3号機は燃料融解を受け、水素爆発は第1号機、第3号機、第4号機の建物を損傷した。



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com