Loading...

Jan 20, 2018

山梨の半導体工場が最先端のワイナリーとして第二の人生を獲得

山梨の半導体工場が最先端のワイナリーとして第二の人生を獲得 photo


日本の主要ワイン生産地である山梨の元半導体工場がワイナリーとして新たなスタートを切りました。同社のオーナーは、アジアのハイテクライバル企業との激しい競争で新しい業界を掘り起こそうとしていました。


昨年4月にオープンしたMGVsワイナリーは、かつてはシリコンウェーハを酸素と水分から保護して、ブドウ果汁の酸化による劣化を防止し、工場の元の機能をある程度維持した液化窒素ガスを使用しています。


ワイナリーのクリーンルームには、ワインの発酵、ボトリング、保存に埃やその他の汚染物質が含まれていません。このエリアは、細菌がワインに浸透してそのアロマに影響を及ぼさないようにします。


窒素ガスとクリーンルームは、いずれも半導体製造に不可欠なものでした。 3年前までは、松坂博社長(60)が率いるEnzan Factory Co.が、東京都西部の甲州市の施設でスマートフォンの精密部品を製造していました。


しかし、他のアジアの半導体メーカーとの価格競争は、1953年に設立されたエンザン・ファクトリーがそのピークから半減したことを見た。この条件により、プラントを閉鎖し、ベトナムへの生産委託を決定し、そこでの人件費の低廉化を図った。


工場閉鎖とほぼ同じ時期に、松坂はワイン生産で知られる甲州のカツヌマ地区の両親からブドウ園を継承しました。


MGVブランドで販売されているワインは、レストランや大使館などの潜在的な顧客からの数十件のお問い合わせを受けて、その味と品質に人気がありました。


MGVのワインを購入することを決めた東京の専門ワインセラーの従業員は、「(弊社は)松坂氏の情熱に魅了されました。


松坂氏は、新しい事業に参入することで、「プライムコントラクターの影響を受けずに付加価値製品で生き残りたい」と語った。


大統領は、「飲酒者に優雅な体験を提供し、世代を超えて世に残るブランドを確立することができる最高品質のワインを世界に向けて作りたい」と語った。


海外で日本のワインを宣伝するために、多くの外国人が東京オリンピックのために日本を訪れると予想される2020年に向けて、努力が強化されなければならないと述べた。


ワイナリーは7メートルの高さの液体窒素ガスタンクを備えたスタイリッシュな建物で、訪問客に開放されています。セラーのドアには、すべてのワインがサンプルとして用意されており、訪問者は購入したら何を期待するかを知ることができます。



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com