Loading...

Dec 15, 2017

外国人なしの天皇の目単純退位式


明仁天皇は、外国人招待やパレードを開催することなく、できるだけシンプルな退陣式を辞退することを希望していると、宮内庁長官が木曜日に発表した。


2019年4月30日に85歳で亡くなる予定の皇帝は、200年以上に渡って棄権した初めての日本人君主になるだろう。同氏は、一般市民からの訪問を予定していないとしている。同庁のグランド・スチュワード・ヤマモト新一郎記者会見で語った。


政府は1817年以来初めて棄権式典を開催する方法を検討しており、1月に皇室継承の準備をする組織を設立する。


山本氏は、「天皇陛下が皇居で静かに厳粛に儀式を行うことを望んでいることを内閣事務局に伝えた」と述べた。


六月頃、皇太子皇太子鳴仁元首相に王位継承を許可する法律が制定されて以来、皇太子はこのような考えを抱いていたという。


山本氏は、2019年5月1日に王位に上る息子のための大統領選挙式典が数ヵ月後に開催されるため、天皇は偉大な機会を望んでいないと述べた。


現在の皇帝の就任式は、1989年1月に昭和天皇と称えられた父親の弘人天皇の死後、1990年11月12日に行われた。それには国家元首を含む2000人以上のゲストが出席した。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿