Loading...

Oct 17, 2017

日本のテレビ局がコメディショーを嘲笑してゲイの男性を嘲る

日本のテレビ局がコメディショーを嘲笑してゲイの男性を嘲る photo


日本のテレビ局は30日、同性愛者を描いた30歳のステレオタイプのキャラクターを復活させたコメディー番組を視聴者に「不快感を与える」と謝罪した。


ホモ・オダ・ホモオー(ホモ・オダ・ホモオー)というキャラクターは、同性愛者男性のために日本で軽蔑的な言葉である「ホモ」を2回組み込んだもので、1980年代にはコメディーのデュオ "トンネル"を特集したショーで人気を博しました。先月、Fuji Television Network Inc.が番組の30周年を記念した番組を放映した時、それは復活した。


9月28日のショーでは、LGBTのグループが性的マイノリティの人権を無視して楽しむ行為であり、多くの人々がそれに抗議するためにソーシャルメディアに連れて行ったと主張して、国民の怒りを呼び起こした。


フジテレビは、同番組の公式ウェブサイトで、性的少数民族を作ることを心から謝罪し、他の多くの視聴者が同性愛者を模倣しているかのように見せかけた不快感を感じている。性的少数民族を侮辱する。


キャラクターを演奏する際、トンネルの石橋孝明は、青いぬかるみとピンクの頬のトレードマークのメイクをして、「あなたはホモだよね?」というフレーズで他のパフォーマーに弄られた。


フジテレビは、「キャラクターが長い間予測してきたイメージ、子供への影響、規制改革やLGBTを取り巻く社会環境の変化についての理解が非常に不十分だったことを深く残念に思います。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com