Loading...

Dec 11, 2017

子供たちが東京オリンピック、パラリンピックのマスコットに投票



日本の子供たちが2020年の東京オリンピックとパラリンピックの公式マスコットを選ぶ投票は、月曜日から始まり、子供たちに最後の言葉を与える最初の選考プロセスで1クラスずつ投票しました。


オリンピックとパラリンピックの優勝者は、投票に登録した学校の生徒を含む2月22日までに3組の候補者から選出される。結果は2月28日に発表される予定です。


月曜日、北東日本の福島の小学校で、どのペアを投票するかについての議論がメディアに公開された。 6年生は、ゲームの重要性と公式のマスコットの役割について、どのペアが好きかを議論する前に学びました。候補者は先週発表された。


熱い議論の後、クラスはオリンピックのキャラクターに、神社の中に頻繁に現れる画像と、伝統的には日本を信じて幸運を招くと信じていた猫の特徴と、後にモデル化されたパラリンピックのマスコット神社に設置された石造りの護衛犬。



「この選手は東京のゲームの一部だと感じている」と同級生の青木陽子(12歳)は語った。 「私たちはこのようなまれな機会をもう一度持たないかもしれないので、我々の意見を聞くクラスとして懸命に考えていた」


革新的な投票方式は、最初に選ばれた正式なゲームのロゴが盗作の主張を犯したために導入されました。主催者はこれを撤去し、最初から選択を再開しなければなりません。


ゲームの主催者によると、日本の約21,000の小学校が投票に参加する資格があり、6,356の学校が月曜日の午前中に投票を行った。


残りの2つのペアのうち、1つは両方のマスコットに正式なロゴと同じデザインのチェッカーパターンを使用します。もう一つはオリンピックのための古典的な日本のカンマ型のビーズデザインとパラリンピックのために日本の画像に頻繁に出現するアライグマの犬であるキツネです。


学校は2月22日の最終投票日まで投票に登録することができます。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com