Loading...

Oct 4, 2017

相撲:東京2020の成功のために少し大きな仕事をしているレスラー


日本の理研は、2020年の東京オリンピックを促進するために、文字通り、比喩的に - 大きく、オリンピックプログラムの一部ではありませんが、スモの古代国家スポーツを大きく盛り上げています。


水曜日、初めの観客とハードコアのファンを対象とした政府資金プロジェクトである2020年芭蕉のおおむしには、4人の横綱を含む70人の相撲が参加した。両国国技館での2年連続のイベント


カラフルな着物を着たレスラーたちは、東京の会場の外に立って、握手、抱擁、サインサイン、セルフ写真などで4,000人のファンを歓迎した。


招待状のみのイベントでは、英語のパブリックアドレス告知や字幕付きのライブビデオストリーミング、車いすやガイド犬のアクセシビリティなどのさまざまなサービスが紹介されました。今回の特別な経験は、相撲協会に頭痛を与えている相撲のトップ幕内部の怪我を一時的に忘れることができるように、現在から離れています。



婚約指輪は、マワシベルトの子供たちがレスラーに取り組み、下位のレスラーが順番にスムージングの歌を歌うステージだった。


昨年、JSAが初めてイベントを開催したとき、21年間で2人のグランドチャンピオンがサンダン・ガマメ式を初めて披露しました。今年、白鳳とキセセナトは、3つの姿勢の儀式を示す珍しい特権を与えられました。


モンゴル横綱白鳳は、特別な場面で初めて開催されたサンダン・ガマエに参加した後、今まで経験したことのないようなアドレナリン・ラッシュを楽しんだと語った。



「サラン・ガマエをするのは初めてのことだったが、緊張していたが、それは良い経験だった」と最後のエントリーだった博士は語った。 「東京に再び来るオリンピックはすでに大きな問題であり、より良い時には起こり得なかった。私が今年生まれたことをうれしく思う.2020年まで活発になることを願っている。父は1968年にフリースタイルのレスラーとしてモンゴル初のオリンピックメダルを獲得し、1964年の東京大会でも競争した。


一方、日本のキゼネサト氏は、数年前に写真で儀式を見ることを覚えており、正式にその伝統の一部となることを喜んだと語った。


「なんと名誉ですか?


「すべての世代のファンがいて、相撲の伝統を分かち合うのはいいですね。もちろん、バショーはありますが、サンダンのようなものを見る機会が増えています。



この日のイベントは、2020年の国際大会の経済的な成功のために、より多くの外国人観光客を誘致するために努力している日本政府による試行プロジェクトとして開催されました。


車椅子利用者のための競輪場座席に加えて、スポーツ英語による実写解説と手話通訳があり、どのようにスポーツが障壁を打破するかを実証することができました。


自閉症の歌手が国歌を演奏する前に盛り上がってきたJSA広報長の春日井広報は、多くの外国人住民が相撲で結ばれていることに喜びを感じ、日本の文化や伝統を世界。


「相撲を通じて、我々はこの国の他の優れた文化を促進し、2020年の東京オリンピックとパラリンピックにその傾向を続けることができると信じている」と彼は語った。




©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿