Loading...

Mar 29, 2018

東京メトロ2000ライン新幹線「丸の内線2019」発売



東京メトロでは、2019年2月に丸の内線2000シリーズの新車を投入すると発表した。


2000シリーズは、列車の端に丸い窓を備えた日本初のメトロ電車であり、この種の電車のための通信ベースの列車制御(CBTC)の試運転にも使用される予定です。


東京メトロでは、2022年度までに2000シリーズ列車の53台を導入し、318台の車両を導入する予定です。


2000年系列の列車が採用している技術は、現在の銀座線1000系列の列車で2012年4月から稼働しているものの開発と見られます。


福田哲夫、福田一郎の監修の下、丸の内線の特性を反映したキーワードを基に、様々な分野の専門家が集まってデザインを行いました。地上(チジョ - 地面)、活気(kakki - 活発)、先進的(感覚 - 先進 - )。




新しい外観の列車は、デザイナーが日本の伝統的な四季折々に目立つようになると信じている「光るスカーレット」の外装塗装を特徴としています。新しい塗装工事は、世界有数の都市のひとつである東京の活力を反映した列車本体をカバーしています。


列車の位置に関する情報を収集し、中央制御センターにフィードバックするために無線通信を使用するCBTCシステムは、路傍機器の必要性を低減し、単一の運転手または運転手でも列車を運行することを可能にすると考えられているCBTCシステムは列車の遅延からの回復を改善するのに役立つと考えられています。オペレーターは、東京メトロの安全で安定した列車運行を促進するために、2022年度からメトロの列車でCBTCを採用する予定です。


2000シリーズの列車では、軌道の湾曲部での走行時の安全性を向上させるとともに、そのような区間での摩擦による騒音を低減するために、単軸操縦を採用しています。列車には、大規模な停電が発生した場合に最寄りの駅に到着できるように緊急用バッテリが取り付けられ、防犯対策の一部として防犯カメラが設置されます。


2000シリーズの列車は、1人あたりの座席幅が広く、小さなテーブル(棚)が置かれ、荷物を置くことができ、日本に住む外国人にも搭載されています。





たぶん、列車の環境的特徴の中で最も重要なのは、彼らが前任者よりも20%少ない電力を消費するということです。


丸の内線は、1954年に開業して以来、日本の地下鉄通勤電車の標準となっています。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでは、これまでの列車のモデルも出荷されています。


丸の内線と同義語の色と波のパターンは、実際にはベンソンとヘッジの紙巻きタバコのパケットや英国のロンドンバスで使用されている赤い色に触発されています






ソースと画像:PR TIMES

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿