Loading...

Jan 5, 2018

安倍氏は自民党に対し、「職業」憲法改正努力を強化するよう要請する

安倍晋三首相は、自民党の新党が、戦後の「占領」の産物である最高法律を日本の平和主義憲法に改正することを約束するよう、新年の努力を強化するよう強く要請した。


安倍晋三官房長官は、1955年に保守派の合併によって形成された党の歴史について触れ、「合併の理由は、経済成長を達成し、占領中に作成された憲法やその他の様々な制度を安定政治基盤。


また、東京のLDP本部で開催された会議では、「時代に合った国の理想的な姿を考え、議論する歴史的使命」と述べた。




安倍晋三首相は、安倍晋三首相が2018年末までに戦後の憲法改正に向けて正式なプロセスを開始し、改正法が2020年までに発効することを期待している2017年5月


自民党は現在、論争中の戦争放棄第9条を含め、変えたい憲法の分野について議論している。


安倍晋三官房長官は、5月に、自衛隊への明示的な言及を記事に追加するよう提案し、そのような言及がないことは、武装サービスの維持が自衛のためであっても平和主義憲章に反すると主張する余地を残す。しかし、一部の自民党のメンバーは、より劇的な変化を求めている。


第9条を改正するかどうかについては国民が分かれているが、多くの自民党議員は、憲法の最も象徴的な部分であるこの変更を見たいと願っている。保守派は、第二次世界大戦で日本が敗北した後の米国主導の占領によるそれを屈辱的な課せと見なす。


公明党や公選改革派の自民党は、改憲を開始する必要がある国会議院の3分の2の大半を支配している。


しかし、国民投票の投票者の過半数が、どのような提案も承認する必要があるため、政敵との慎重な協議が必要だ。


政界の見通しは、国民投票で過半数を確保できないことは、安倍氏の辞任につながるほど厳しい打撃を与えるだろうと述べている。改正プロセスは、国民選挙が予定されていない2018年の晴れやかな日に、自民党内で広く開始されると広く考えられている。



©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com