Loading...

May 3, 2018

外国人研修生は禁止にもかかわらず福島原発で働いた



福島第一原子力発電所では、6人の外国人研修生が、被災地の福島第一原子力発電所で建設工事を行っていた。


このケースは、安価な労働を輸入するためのカバーとしばしば批判されている、政府の技術技能訓練プログラムの下で、外国人研修生の不適切な行為の最新のものである。


東京電力ホールディングスは、昨年2月、工場の一部の労働者が着用する必要がないにもかかわらず、2011年の地震と津波の災害によって損なわれた工場で外国人研修生が働かないと言った防護服、線量計などがあります。


6人はTepcoの下請け業者の1人に雇われました。 Tepcoの関係者は、「雇用に関する独立したルールから逸脱したため、下請け業者が契約条件を徹底的にチェックするようにする」と述べた。


この実効性によれば、外国人研修生は、昨年11月から、放射線防護措置が必要な地域の外で、工場の土木工事に参加した。研修生は、放射線から身を守る方法について研修を受けていなかった。


日本は1993年に技術を途上国に移転する目的でインターンプログラムを導入した。しかし、農業や製造業に適用可能なこの制度は、多数の厳しい搾取的なケースが報告されているため、批判を浴びている。


福島県郡山市と岩手県盛岡市の建設会社で雇用されたベトナムの研修生の1人は福島での放射能汚染の浄化作業に従事していた。


司法省は、研修生を雇用している企業を調査し、除染作業は研修プログラムの目的に合わないと言いました。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com