Loading...

Feb 4, 2018

元プロレスラー「The Destroyer」が日本の名誉を授与



ニューヨーク州バッファローで開かれた記者会見で、1960年代から70年代にかけて日本で人気を博した元アメリカ人のプロレスラーが、同国最高の栄誉を授与された。


かつてはリングネーム「The Destroyer」で知られていたRichard Beyer(87)は、ニューヨークの日本総領事館の高橋隆一郎氏から、日の出、金、シルバーレイズを受けました。彼の全盛期にレスリングペルソナに不可欠なアイテムであるスーツとマスクを着て、バイヤーは感謝の意を表明した。


イベント後の記者会見で、日本は高校時代の第二次世界大戦の敵であったが、そこを旅した後、日本を大ファンにしたと述べた。


彼は1963年に初めて日本に来て、北朝鮮の一部である戦後日本の戦後伝説の「機動隊」と東京で戦った。放映された試合は信じられないほど高い64%のレーティングを獲得し、日本ではこれまでにないレスリングブームを起こした。


1980年代から1990年代にかけて、ニューヨークのアクロンで体育を教え、若い日本人レスラーとアメリカ人レスラーの交流を促進しました。


ベイヤー氏は、2020年の東京オリンピックのために日本を訪れることを望んでおり、日本のアマチュアレスラーを教えるのに時間を費やしていると語った。





@京堂



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com