Loading...

Dec 19, 2017

G8のパネル、北海道からM9地震の「差し迫った」可能性を警告



日本政府の地震調査パネルは火曜日、マグニチュード9クラスのマグニチュード9の地震が、日本の主要島の最北端である北海道の東海岸から大規模な津波を引き起こす可能性が高いと警告した。


巨大地震は約400年前に北海道の東側から発生し、340〜380年ごとに大規模な地震が発生した。北海道大学の調査によると、最後の巨大地震は20メートル以上の津波を引き起こし、沿岸から約4キロの内陸に浸水した。


パネルは火曜日に発表された長期的な地震観測報告書によると、この地域ではもう1つの大きな地震が「差し迫っている」可能性が高い。



東京大学の平田直教授は、今後30年以内にM9.0クラスの地震が発生する可能性が7〜40%になると予測している。


北海道東部の特定の地点を予測すると、M8.0から8.6の規模の小規模地震は、同期間に根室で70%の確率で発生し、60%の確率でオフになる可能性があるSikotanとEtorofuの島々。


パネルはまた、次の巨大地震が、原子力発電所が位置する近隣の青森県に影響を与えるほど大きい可能性があると警告した。


平田氏のチームは、内閣府の協力を得て、次の巨大地震による津波の予想高さと被災地における震度の可能性を評価します。


日本の林義正理事長は記者会見で、「この報告書は地方自治体が必要な準備をし、世帯の災害リスク意識を高める助けになることを期待している」と語った。


パネルはまた、日本の主要な南西諸島の近畿地方から大分県に西へ伸びる、以前に考えられていたよりも長いものであることを発見した、西日本の主要な活断層の長さの見積もりを改訂した。四国を横断して九州に行く。


パネルは、以前に考えられていた360kmの代わりに、長さが444キロメートルであると見積もられ、この改正は海域下の新しいメカニックの発見のために行われたと付け加えた。


パネルは、周辺地域の活断層が今後30年間にM6.8以上の地震を発生させる可能性が9〜15%の可能性があると推定している。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com