Loading...

Jan 10, 2018

たばこの水銀で知り合いを殺そうと逮捕された男



警視庁は、水銀の致命的な暴露を受けたタバコの熱傷で知り合いを殺そうとした疑いで、水曜日に36歳の男性を逮捕した。


滋賀県の大津市の宮脇貴志容疑者は、昨年6月3日、同県の里島の37歳の男性知人にスパイク状のタバコ製品を1パック与えた疑いで殺人未遂罪で起訴された警察に


パックで20個のカートリッジのうち14個を使い切ったこの男は、頭痛、咳、口ずさわりの言葉に苦しんで翌日に病院に運ばれた。彼は6月5日に警察に通報し、捜査官に与えられたたばこを摂取した後に症状を発症すると伝えた。


宮脇容疑者は容疑を認め、警察にパック内の20個のカートリッジのそれぞれに0.3〜0.5グラムの水銀を加えたと伝えた。調査官らは、犠牲者の尿および血液サンプル中の水銀、ならびに残りのカートリッジを検出した、と警察は述べた。


彼らは、宮脇がパッケージを開かずに各カートリッジに水銀を注入するための装置を使用した疑いがある。


宮脇さんとその男は3年前にお互いの知り合ってお互いを知り合ってきました。その男は容疑者が運営する携帯電話の店で働いていました。



©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com