Loading...

Apr 12, 2018

中国と日本の関係が改善し、明らかに勢いを増している。

【北京20日共同】中国の李凱祥(リ・ケチャン)首相は、日本との関係強化が、長年の議員を率いた東京出身の代表団との会談で、最近勢いを増していることを明らかにした。


李氏は、今年は両国間の友好条約締結40周年を迎え、「勢いを大切にし、中日関係を正しい軌道に戻す」と述べた。



日本代表団は、2003年から2009年の間に下院議長を務めた河野洋平議長をはじめ、自民党の長年にわたり、首相秘書官や外相をはじめとする多くの主要幹部を務めています。


李会長はまた、中国の公式メディアによると、北京が多国籍貿易体制の維持を支援しており、自由貿易と投資を促進する努力をすると述べた。


中国は、日本などの他の国々からの投資を歓迎すると、国家報道官は、アジアの権力とアメリカの間の貿易緊張が高まっている時に言った。


代表団は、来月日本を訪問し、5月9日に東京で開催される予定の安倍晋三首相とムン・ジェイン韓国大統領との三国首脳会談で日本を訪問することを希望していると報じた。



近年、中日関係は、中国政府の尖閣諸島の領有権に陥っており、2012年9月に日本政府が効果的に国家統制を実施した後に拡大した。


しかし、中国のザン・ジンピング大統領が、昨年末から自宅での政治的なイベントを通じて、自国の基盤を強化していることから、関係は改善しているようだ。


中国や日本の政策立案者や学者の増加は、中国の政治的安定が実践的協力を促進するためのより良い環境を作り出すと信じている。



昨年1月、河野太郎外相は、北京の王毅(ウォン・イイ)氏と会談し、両国首脳の相互訪問を再開することに合意した。


先月、中国の首席代表だった第2期5年に再任された李氏は、北京を訪問し、地方政治指導者の参加を予定している外交筋によると、3国首脳会議に参加した。


李首相はまた、1978年に平和と友好条約締結記念日を祝うため、東京でのイベントでスピーチを行うかもしれない、と付け加えた。



@京堂


By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com